私は、建築の世界に入るまでは3DCGのゲーム関連の
仕事をしておりました。

わけあって、そこを辞め、全く何も考えずに飛び込んだ建築の世界でしたが、
面白くもあり、どこにでもある、人間の汚さありでした。

建築を専門的に勉強しないで、3DCGでパースを描いておりました。
「馬鹿言ってんじゃねぇ、よく金が貰えるな」と言われそうですが
情けないけれど本当です。そういう人は多いです。

自分でも「この商売はちょっと怪しいのでは・・・・」と
思い始め、大学進学を決意しました。
パースの外注会社への受注は、減っているそうです。

CGバブル、と言われた時代は、私にはバブルの実感も無いまま
いつのまにか消えていました。
建築の資格を持ち、3DCGの能力を生かし、意匠設計の世界に
殴り込みをかける。
いいかたは乱暴ですが、これが私の本心です。
どこまであがけるか、自分でも全く創造がつきません。

HPでこの見苦しいまでのあがきを皆さんにお見せする事によって、
少しでも自分の作る作品がマシになるという事を目標として
Redtail LINERNOTES を作りました。

興味本位,半分つぶれてヘコムのを期待している、別に何でも構いません。
皆様に、目を通していただければ幸いです。

2001/06/01 如月 愛理
Back To TOP


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス